資金調達の全体像

「資金調達には融資だけ。」と思っている人が多いのではないでしょうか。ですが資金調達手段には、融資以外にも出資や補助金・助成金、VCなどもありこれらも立派な資金調達手段です。

いろいろある資金調達手段のなかでも融資や補助金はよく聞く資金調達ですが、大きく分けると融資、補助金・助成金、直接金融・法律認定の4つに分かれます。

まず資金調達を行う上で一番大切なことは、「公的な融資」を利用することです。まず会社を企業するときはほぼ補助金などは使えないので、融資しか資金調達手段はありません。中小企業などの資金調達手段は一般的に融資が主流ですね。ある程度実績がついてきたりすると補助金という制度が使えたりもします。

細かく種類ごとの資金調達手段を説明します。まず「融資」は親戚や知人からの借り入れ、銀行やノンバンクなどの金融機関からの融資のことを指します。「補助金・助成金」は、研究開発などや各自治体径などが受けられます。「直接金融」は、出資などを指し株式会社からの資金調達や、個人投資家からの資金調達、VCからの資金調達等です。

 

→→→おすすめのファクタリング業者はこちら!

 株式会社 三共サービス